2014年6月22日日曜日

クラブイベント【FOOTBALL FAMILY~みんなでクラブを一つに~】開催!!

3月16日(日)、柏レイソルAA長生クラブイベント【FOOTBALL FAMILY~みんなでクラブを一つに~】を開催しました!
フルピッチ2面を有する、天然芝の広大なグラウンドで行ないました。

  ファミリーサッカー
AM10:00、選手と保護者でウォーミングアップ
身体もあたたまり、準備OK
いよいよ各カテゴリー選手VS 各カテゴリー保護者のキックオフです!

とても強そうな保護者チーム!若くてまだまだ動ける感じ・・・たくましい!


ベンチはというと・・・こちらはずいぶんファンキー!


選手達も保護者チームの勢いに負けないように作戦タイム
保護者同士がすごく仲良くプレーしている様子が印象的でした。選手も保護者へ声を掛けたりして、みんなが笑顔でサッカーを楽しんでいました。
やっぱりサッカーは楽しいですね!!

その後、筋肉痛は大丈夫ですか??
次回は4月に当イベントを行ないますので是非ご参加ください!

卒業試合/卒業記念品贈呈
PM13:00、メインイベント「柏レイソルAA長生U-15(卒業生) VS 柏レイソルAA長生U-14」の試合が行われました。
当日を迎えるにあたって、U-15選手たちは、受験勉強や入試試験を終え、2週間ほど前からトレーニングを再開しました。
再開して間もない頃は・・・足を攣ったりする選手も多く・・・少しずつ「体力/感覚」を戻してあげることだけをテーマに行ないました。
トレーニングを重ねるごとに徐々に体力/感覚も戻り、「戦術面」の確認なども行ない、準備を進めてきました。

このカテゴリーの選手たちは、当クラブがジュニア選手コース1年目の選手達です。
4年生の時に「選手コース」が新設、スタートしましたが、当時は町クラブに大差で負けることも良くありました。
しかし、ジュニアユース年代になると成績が出始め、昨年度のU-15県リーグでは、3年生のリーグ戦ではありましたが、2部へ昇格するという好成績を収めることが出来ました。
また、今年度では、「高円宮杯サッカー大会」ベスト16を賭けた試合でPK敗退という結果でしたが、選手たちの頑張る姿に魅了させられました。

私生活面では、学校の成績をチェックして、前回の成績を下回った時にはトレーニングには参加せず、当クラブ事務所で勉強させたこともありました。
エリート育成ミーティングでは、「栄養学/怪我の治療法(RICE治療)/チームマネージメント/セルフコントロール」などのアスリート教育を行ないました。

このカテゴリーは学校の成績も優秀で、平均点が400点を超える時もありました。
文武両道というのはこの学年に相応しい言葉ではないでしょうか・・・

一昨年の夏合宿では2日目にサプライズゲストで、(故)元サッカー日本代表 松田直樹選手を監督として向か入れる予定でしたが、合宿前に心筋梗塞で危篤状態という中で合宿が行われました。
その日の夜にはナイトゲーム、松本山雅トップチーム試合観戦に行き、涙して応援してくれた選手もいました。
特に背番号3をつけた当クラブ直江選手は翌日のトレーニングマッチで、松田選手の魂が宿ったプレーの連発でした。
また帰りのバスの中では松田選手の応援歌を歌うこともありました。このような悲しい経験もあり、選手たちを一人の人間としても大きく成長させるきっかけになった事と思います。

選手と共に成長することが出来て本当に感謝しています。最後の大会ではみんなで涙を流したことも鮮明に覚えています。

最後までサッカーも勉強もよく戦ってくれました。本当にお疲れ様でした。
これからも夢に向かって頑張ってください。


久しぶりにみんな笑顔で円陣 「受験勉強でかなり久しぶりだけど大丈夫かな・・」


キッズ選手と手を繋いでのセレモニー「気分はJリーガー」



セレモニー後のスタメン選手とキッズ選手との写真撮影
キッズ選手たちありがとう!!これで柏戦のボールボーイできるかな・・


【記念品贈呈】



坂本選手より一言
250名を超える大応援の中でプレーし、多少の緊張がありましたが本当に楽しむことが出来ました。
結果は1-1。来年度U-15カテゴリーはより強いチームになると思います!頑張ってください。
このイベントを通じて最後も本当に勉強になりました。

保護者・ジュニアユース・ジュニア・キッズ・コーチのみんな本当にありがとう!
柏レイソルAA長生スタッフ一同

0 件のコメント:

コメントを投稿