2016年1月19日火曜日

U13選手権大会2ブロック予選決勝トーナメント!!

1月9、10日でU13選手権2ブロック予選の決勝トーナメントが行われました。
昨年12月19,20日に予選リーグを2勝で1位突破し、県大会までは残り2試合となりました。

1月9日、決勝トーナメント1回戦の相手は柏レイソルAA長生ホワイトを予選で破った冨士見中となりました。冨士見中は近隣の中学校でもあり絶対に負けられない相手です。

U13選手権は現中学1年生と現中学2年生の早生まれの選手が登録可能な大会です。柏レイソルAA長生からも2名の中学2年生を登録しています。冨士見中もメンバー表や試合を見ると早生まれの選手が主体のチームのように思えました。前線にも能力の高い選手がいて、キーパーの選手も身長も高くすごく良いキーパーでした。

試合が始まるとすぐに負けられないプレシャーからか普段ではありえないようなセンターバックのパス交換からのミスで簡単に失点してしまいました。プレッシャーと思いがけない失点からかチームに嫌な雰囲気がながれます。前半主導権を握りペースをつかみ得点チャンスも多くつかむものの、相手のゴールキーパーのファインセーブなどにより惜しくも得点をあげることが出来ないまま前半を終えます。

ハーフタイム選手に伝えたことは、まずは興奮しないでいつも通りにプレーすることを徹底すること、そうすれば絶対に点をとって逆転できる。一人一人が冷静になろう。でした。

後半、冷静さを取り戻した選手たちは、後半10分インフルエンザ復帰のため後半からの出場となった鹿島君のゴールにより同点に追いつき、勢いにのったチームはその後、早生まれキャプテン2年生の前田君のゴールで見事逆転に成功!!

自分たちのミスや緊張感のため苦しい試合となりましたが、見事勝利をおさめることができました。ひやひやした試合でしたが、選手達にとってはかなり良い経験となったはずです。
















1月10日、決勝トーナメント2回戦の相手は千倉中学校となりました。これに勝利すれば県大出場決定です!!

相手の千倉中はここまでの予選3試合の結果をみるとすべての試合を大差で勝ってきているチームです。侮れません。試合こそ見ていないので相手の中心となる選手や特徴がはっきりしない状況での試合開始となりました。

試合が始まり、まず相手FWに身体能力の高い足の速い選手がいること、相手が前線からプレスをかけてくることに対して中盤にスペースが空くことを察知し、選手は上手く中盤の選手を利用してビルドアップ、ポゼッションを落ち着いてすることが出来ました。

そして前半5分と早い段階での先制点に成功。そして前半、後半で5得点をあげて見事勝利することが出来ました!!課題はありますが選手一人一人が冷静になりプレーすることができ見事な勝利でした!ブロック代表おめでとう!!
















これからいよいよ県大会が始まります!1月23日組み合わせ決定!1月30日1回戦スタートです!

U15リーグもはじまります。U13リーグも残っています。スケジュール的にかなりハードな状況となりますが、皆で力を合わせて頑張っていきましょう!!

今回も保護者様、関係者の皆様、応援ありがとうございました!県大会も応援よろしくお願い致します!


担当  松原

0 件のコメント:

コメントを投稿